二つのクリニックの違い

品川近視クリニックと、錦糸眼科。どちらも日本におけるレーシックのパイオニアとして、豊富な実績と高い技術力をもっていますので、どちらでレーシックを受けるといい結果が得られる、という差は全くありません。

 

ですが、レーシックを受けるならどこにするか選ばなければいけませんから、これはとても迷うところですね。

 

実は、現在のレーシックは技術が進歩したことによって、最新の技術を取り入れつつ今までの方法も行なうところと、最新鋭の機器を積極的に導入して最高の品質を求めるところ、というふうに二極化が進んでいるんですね。

 

ですから、自分の求めるものとクリニックの特徴をしっかりと把握すれば、どこがいいのかとても決めやすくなります。

 

特にこの二つの場合、品川近視クリニックは最新の技術を取り入れつつ従来の方法も大切にしているクリニック、錦糸眼科は最新の技術による最高の結果を追い求める眼科、というようにはっきりした特徴を持っています。

普通の近視を治すなら

レーシックは、従来の方法をメインにするところと、最新の技術を追い求めるところに分かれてきました。このうち最新の技術での方法は、重い近視と乱視が合わさっている場合など、複雑な治療を行なうためという面ももっています。

 

逆に、ごく普通の近視による視力低下なら、今まで沢山の実績がある従来の方法を受けたほうが安心できるということになります。

 

こうして考えると、品川近視クリニックなら従来の方法をより低価格で提供していますから、普通の近視を治したい場合はこちらがお勧めとなります。

  • 2012/08/09 20:24:09