PRKはフラップを作らない

レーザーを使った視力回復手術には、レーシックの他にPRKという視力回復方法があります。レーシックとPRKの違いは、レーシックではフラップという、フタのような役割をするものを角膜から作成しますが、PRKの場合は、このフラップを作らずに保護用コンタクトを角膜に装着します。

 

PRKによる視力回復方法にはふた通りあり、眼の角膜上皮を除去してエキシマレーザーを照射する場合と、角膜上皮も一緒にエキシマレーザーを照射する場合とあります。どちらの方法で行うかは医師と患者の合意の上になります。

 

いずれの場合もエキシマレーザーで角膜を削り、角膜を矯正した後に保護湯のコンタクトレンズを装着します。このコンタクトレンズは、角膜上皮が完全に再生されるまでの間、装着していることが必要で4日から1週間程度かかります。

 

PRKはレーシックで作成するフラップがないことで、視界が良いと言われています。また、激しいスポーツをする方に向いた視力回復法法といわれます。角膜に厚みが無くレーシックでの回復手術が難しいとされていた方にも、視力回復が可能です。

 

しかし、PRKにもデメリットがあり、両方の眼を手術する場合は期間を空けて片眼ずつ行い、両眼を同時に行うことができません。また、レーシックが矯正できる強い近視には、PRKは向いていません。
また、何かの不具合による再手術が容易でないこともあります。

  • 2015/09/29 20:32:29