イントラレーシック

レーシックによる視力回復手術の最近の現状について考えてみます。現在、最も主流になっている視力回復手術は、従来のレーシックによる手術より、更に安全性と精度が向上したイントラレーシックが主流になっています。

 

このイントラレーシックは、従来のレーシックより安全性と視力回復効果がより期待できるものとして、視力回復手術を希望されるほとんどの方が、この方法を希望されています。

 

このイントラレーシックと従来のレーシックの違いはどこにあるのでしょうか。これは、フラップと呼ばれる角膜から作成する、フタのような役割をするものに違いがあります。

 

従来のレーシックでは、マイクロケラトームという装置でフラップを作成しますが、イントラレーシックはより高精度レーザーによってフラップを作成します。このふたつのフラップに違いはあるでしょうか。

コンピュータ制御

従来のフラップよりイントラレーシックのフラップは、コンピュータ制御乗レーザーで作成するので高精度のフラップが作成されますので、より安全性と精度が高くなりました。

 

また、一番大きな違いは、従来のレーシックで作成するフラップは、角膜の形状により正確なフラップが作成できないケースがありました。しかし、イントラレーシックのフラップは、これまで作成できなかった正常のフラップを作成する事がでいるようになり、これまで視力回復手術を諦めていた方にも、手術が行えるようになりました。

 

視力回復手術を考えておられる方は、適性検査を受けどちらの方法で行うか医師と相談して、最も良い方法で行いましょう。

  • 2015/09/29 20:28:29