レーシック手術当日の注意点

それでは適性検査も終わり、最も適したレーシックの方法で視力回復手術を行います。と、このようになりましたら、手術にむかってさまざまな注意点がありますので、説明していきます。

手術の数日前から感染症の予防の為に、点眼薬を眼に差します。これは、忘れがちになりますが予防のためにしっかりと差しましょう。

手術の当日は、車で運転しての来院は避けましょう。これは、手術後に帰宅できますが、曇りの日でもとてもまぶしく感じ、眼を開けられないほど強く光を感じます。ですから、車の運転は危険で、できれば、誰かに送迎していただくか、電車やバスなどで帰宅される場合でも付き添いの方があられると安心です。

手術の前日は必ず入浴して、身体を清潔にしておきます。手術後は場合によっては数日の間、入浴ができないこともありますので、必ず入浴は済ませておきましょう。
手術前日は、お酒もたばこも控えましょう。また、翌日の手術に備えて十分な睡眠を取りましょう。緊張して眠れないこともあるでしょうが、就寝前に身体を暖めるなどして、寝やすい環境を作りましょう。

女性の方の手術当日は、メイクを控えましょう。眼の手術なので目元にばっちりメイクはせず、望ましいのはすっぴんです。

それでは手術が始まります。できるだけ緊張をほぐしリラックスして向かうことが大切です。手術の時間は15分から20分程度が通常の時間です。おそらくあっという間に終わっていることでしょう。
  • 2010/05/12 08:26:12