視力回復手術前の適性検査

視力回復手術を行いたいと考えて、まずしなければならないことは、視力回復手術で行うレーシックがその方法が一番適用されるか適性検査を受けなければなりません。レーシックには色々な方法の種類があり、その患者さんの状態に最も適応したレーシックを選択しなければなりません。これは、適性検査を行った医師が決定します。

視力回復を行っている医療機関やクリニックでは、この適性検査を無料で行っているところもあり、手軽に受けることができます。
視力回復手術を考えておられる方は、まず、この検査を受けましょう。そして、専門の医師の診察で自分の目の状態を知り、どのようなレーシックの方法で行うか、十分な医師との相談が大切になります。

それでは実際にどのように行うかといいますと、視力回復手術を行っているクリニックへ出向くか、電話で診察の予約を行います。そこで、医師に自分がどのようにしたいのか正確に伝え、医師の診察を適性検査を受けます。この検査結果を基にレーシックの方法が選択され、視力回復手術を行うか決定します。
適性検査を受けたからといって、必ず視力回復手術を行わなければならないことはありません。手術に不安があれば、医師と十分に話し合うなどのカウンセリングを行うことも大切です。自分が十分にレーシックに対して理解し、納得してからでも遅くはありません。手術の費用に関しても十分に検討して、それから考えても大丈夫です。

レーシックは高い安全性は実証されていて、手術後の日常生活はとても変わることでしょう。
  • 2010/01/03 12:34:03