視力回復手術が一般的になったレーシック

視力回復手術といえばレーシックというほど知名度は上がり、視力回復の代名詞のようになりました。しかし、視力回復手術には色々な方法があり、レーシックはその中で最も基本的な手術になっています。そしてレーシックにはいろいろな種類がありますが、基本的には角膜にエキシマレーザーを照射し、角膜の形状を変えて眼に入り込む光の屈折角度を変え、網膜に焦点が合うように矯正します。これを行うことで乱視にも遠視にも対応でき、視力の回復が望めます。

レーシックで行う視力回復手術の特徴では、フラップと呼ばれる角膜にふたをするようなイメージのものを作成することです。この方法は最初アメリカで行われていて、この手術方法の安全性の高さから日本でも取り入れられるようになりました。
最近の視力回復手術では、この方法が一般的になり、最も普及している視力回復手術になりました。

レーシックによる視力回復手術は、ほとんどの方に適応しますが、このフラップが作成できない方は手術ができない場合があります。このケースは強度の近視である方や、角膜の厚さが足りずに角膜を削ることが難しい方です。しかし、レーシックによる視力回復手術は、常に進化していますので、これらのケースも視力が回復できることを期待します。

レーシックの費用については、ほんの少し前までは高額な費用が必要でした。しかし、最近では新しい手術方法の開発が行われたことにより、随分と受けやすい金額になりましたが、依然、保険の適用外です。実際に行われた手術の費用では、15万円程度といわれています。
  • 2010/01/01 12:34:01