老眼が治る視力回復手術

視力回復手術で一番気になることは、老眼に対してレーシックは効果があるかということではないでしょうか。よく聞かれる話では、レーシックを行うと老眼の進行を早めるということです。しかし、これは全く間違った情報で、このようなことはありません。つまり、レーシックと老眼は全く関係ありません。

それでは、レーシックで老眼の矯正できるでしょうか。

老眼の進行は年齢とともに現れ、40歳代を過ぎた頃から、近くのものが見えにくくなる方が多いことでしょう。少し前までは老眼を視力矯正手術で視力回復することは不可能でした。この為に老眼は諦めることと多くの方が思い込んでいましたが、現在では、老眼を矯正するレーシック手術が確立して、老眼を矯正し視力回復できるようになりました。

老眼を矯正する手術は、伝導性角膜形成術といい角膜を形成することで可能になりました。日常の生活でめがねやコンタクトレンズをかけるなど、文字を読むときに不便に感じることがなくなります。

この伝導性角膜形成術は片方の眼だけに施し、角膜の中心はそのままで外側の形状だけを変えることで、近くのものが見えるようになり、もう片方の眼はそのままで遠くのものを見ます。

一般のレーシックのように、角膜を削るのではなく形状を変えるので、手術後の合併症の確立が大変少ないことが特徴になります。また、手術の成功率も非常に高く98%を超えています。

老眼の視力回復手術はCKと老眼矯正レーシック、モノビジョンレーシックという種類があり、最も安全性が高い方法はCKという伝導性角膜形成術(老眼治療CK)です。
この方法なら、手術後は裸眼で生活することが可能で、めがねをかける必要がなくなります。しかし、老眼の進行を止めることはできませんが、老眼が進行して見にくくなれば再手術は可能です。
  • 2009/12/28 12:34:28