視力回復後に起きやすい症状

レーシックによる視力回復手術を行った後に、まれにトラブルの症状が現れることがあります。このトラブルの症状で最も多いものでは、ドライアイの症状です。

ドライアイは、まばたきの回数が通常よりも少なくなることや、涙の量が減り眼の表面に傷が付く症状です。酷くなると眼が乾いた感じになり、痛みを感じます。症状の改善には眼に潤いを持たせてあげることで改善しますので、目薬が大切になります。また、頻繁に目薬を差さなければいけなくなります。

この症状の原因は、レーシック手術の時に作成したフラップが完全に定着していないことや、定着までにおよそ3か月かかる期間が経っていないときに起こります。
手術後に医師から渡された点眼薬は、忘れずに眼に差すようにしましょう。

ドライアイに次いで多いトラブルの症状はハローグレア現象という症状です。この症状は、夜など暗い場所で明るい光がまぶしく感じることや、光や白いものがにじんで見える症状です。この症状は手術後数か月で回復しますが、この間は、夜間の車やバイクなどの乗り物の運転は、特に注意が必要です。対向車などのヘッドライトが急に眼に入ると、その光がまぶしくて危険な場合があります。

この症状も改善するまで注意が必要ですが、多くの場合問題はありません。手術後の3か月検診で、異常がないか診察されることが望ましいでしょう。ほとんどの方はこの3か月検診の頃には、感じない程度まで回復しています。

レーシックによる視力回復手術の術後の症状には、このようなこともありますので覚えておきましょう。
  • 2010/05/12 08:26:12