視力回復手術の適応検査とカウンセリング

視力回復手術の前に行われる適性検査は、レーシックの方法を決めるためと、手術が可能であるかを検査する大切なものです。これを行わずに視力回復手術は行えません。

この検査はたくさんの検査を行いますので、3〜4時間にわたり行われます。レーシック専門のクリニックで、土・日に診療を行っているところでは、混雑が予想されます。つまり多くの方が視力回復手術を希望していることになります。

視力回復手術前の適性検査は、どのような検査が行われるかといいますと、基本的な視力検査から始まり、眼圧の検査や角膜の厚さの計測が行われます。角膜の厚さの計測はレーシックにとってとても重要な検査です。

更に、角膜内皮細胞の撮影が行われ瞳孔(瞳)を開いて眼底部分の診察や、瞳孔径の測定、涙の量の測定など、あらゆる検査が行われます。この検査結果でレーシックによる視力回復手術が可能か、またレーシックの方法はどの方法が患者に一番適しているか医師が判断します。

これらの適性検査は、痛みを伴う検査は無く、強いていえば瞳を開く検査では、眼にたくさんの光が入り込みますので、陽の光がとてもまぶしく感じられ、しばらくは見にくい状態が続きます。この状態での車などの運転はできません。

また検査を受けるにあたって、日常でコンタクトレンズを使っている方は、この使用に検査前には制限がありますので、医師の指示に従うようにしましょう。不自由に感じる方はめがねで対応しましょう。
また、現在服用している薬があれば、隠さずに正確に医師に伝えましょう。

検査が終われば視力回復手術についてのカウンセリングが、医師によって行われます。手術について解らない事や心配なことなど、十分に話し合いましょう。
  • 2010/05/12 08:26:12