視力回復にはレーシックが手っ取り早い?

視力回復 方法視力を回復する方法として、近年、特に注目されている方法がレーシック手術です。このレーシックには色々な方法の種類があります。レーシックの手術方法は、視力回復を願う方に一番適したレーシックを、適性検査を経て医師が選択します。

 

この注目されているレーシック手術による視力回復をご紹介します。レーシックの種類や手術の行われ方など、視力の悩みを改善し不安を払拭します。

 

視力回復手術と言えばレーシックと思い浮かぶ方も多いでしょうが、レーシックには色々な方法の種類があり、視力回復を願う患者に一番適したレーシックを、適性検査を経て医師が選択します。

 

レーシックとは、マイクロケラトームを使用して視力回復方法ですが、更に高性能な機器のイントラレーザーを使用したレーシックを、イントラレーシックといいます。イントラレーシックは、現在では一般的なレーシックとなり、この方法で視力回復手術を行う方も多くなりました。

 

レーシックには、エピレーシックやPRKという視力回復手術方法もあり、この方法はスポーツ選手や角膜の弱い方に勧められています。また、ウェーブフロントレーシックという視力回復手術は、矯正の難しい不正乱視の方にも視力回復が可能な手術で、患者個人の角膜に合わせて行われるレーシックです。

 

レーシックの手術内容やその費用は、レーシックの種類によってさまざまでそれぞれ変わりますが、視力回復手術は適性検査を受けて、この検査結果をもとに患者にあった手術方法が医師によって判断され、最も適合したレーシックが行われます。

 

レーシックの技術は数年前とはかなり進化していて、自然に視力回復手術を技術面から諦めていたか方も、現在では視力回復が可能なケースも多くあるようです。レーシック技術は日夜進化し続けています。

視力回復レーシックで失敗しないために

レーシック前の適性検査はどのようなもの?

視力回復手術前に行う適性検査は、主に眼の形や眼の状態を調べる検査が中心で、痛く感じるような検査はなく、リラックスして受けることが大切です。
検査室は見慣れない機器が並んでいますが、ほとんどが計測機器です。
検査で調べる内容は、眼の角膜の光の屈折率や眼圧、角膜がどのようなカーブを描いているかなどの形状や角膜の厚さを計測します。これらの検査は、眼球に触れるような検査は無く、機器がすべて光などを利用して計測しますので、心配することはありません。

 

レーシックのさまざまな方法

レーシックとは、マイクロケラトームを使用した視力回復方法です。現在の一般的なレーシックは、高性能な機器のイントラレーザーを使用したレーシックです。更にエピレーシックやPRKという視力回復手術方法もあり、この方法はスポーツ選手や角膜の弱い方に勧められています。

 

また矯正の難しい不正乱視の方にも視力回復が可能な手術で、ウェーブフロントレーシックという視力回復手術もあります。

 

大手クリニックが安全

国内のレーシック手術においては、大手クリニックとそうでないクリニックとでは費用や技術の面で大きな違いがあります。レーシック機器は高額なため、小さなクリニックでは頻繁に購入することが出来ず、時代遅れの施術を続けているところも多いのです。やはり大手の品川近視クリニックや神戸神奈川アイクリニックなどを選ぶのが安心です。

 

ネット上にも体験者のブログなどさまざまな口コミ情報がありますので、それを読めばレーシック手術とはどういうものかわかると思います。

 

レーシックで老眼も矯正できる

レーシックで老眼の矯正できるのでしょうか。少し前までは老眼を視力矯正手術で視力回復することは不可能でしたが、現在では老眼を矯正するレーシック手術が確立して、老眼でも視力回復できるようになりました。

 

老眼を矯正する手術は、伝導性角膜形成術といい角膜を形成することで可能になりました。日常の生活でめがねやコンタクトレンズをかけるなど、煩わしさからも開放されます。

レーシックの費用

レーシック手術も安全性が証明されつつありますが、費用が高額なことでためらっている方がおられるのも事実です。

 

視力回復のレーシックがアメリカから紹介された当時は、とても高額な手術費用で80万円ほどかかっていました。しかし、とても画期的な技術で、数年の間に更に技術は進化し、費用の面においてもかなり金額が抑えられるようになりました。

 

現在行われている視力回復手術のレーシックの代金は、保険の適応外ではあることと、クリニックによってばらつきがあるものの、15万円から35万円程度で行われています。

 

これはレーシックの方法にもより、従来の旧レーシックでは両目を行って10〜15万円程度です。更に高性能な機器を使い、コンピューター制御で安全性も高い最新のイントラレーシックやアマリスZレーシックの場合は、両目の手術を行って20万から30万円程の費用です

 

最近ではレーシックの治療を行う方も増え、クリニック間での価格競争もあり、キャンペーン価格などで費用を大幅に抑えているクリニックも目立つようになりました。

 

しかし、費用だけのことを考えて視力回復手術を行うことは少し問題があるように感じます。少し前にレーシックに関するトラブルで、社会的に問題になったこともありますので、十分にクリニックは選んで行うようにしましょう。

 

眼の手術であることを理解して、もしものことも十分に考えて行いましょう。これには、総合病院などの眼科の医師との相談も大切なことでしょう。

視力回復手術の危険性

視力回復手術であるレーシックの安全性は、高い評価を得ています。しかし、全く失明などの危険性がない安全であるかといえば、歴史が浅いことから将来の危険性が不明な点があり、現在は高い安全性があるという事になります。

 

レーシック手術は、角膜を削る手術を行いますが、これらはすべてコンピュータ制御で行われます。これは手術の技術的な危険性は相当低くなりました。

 

レーシックでの合併症のリスク

レーシックの視力回復手術の合併症には、ドライアイやハロ・グレアが一般的です。これらは手術前に医師からしっかり説明されるので、特に驚くべきことではありません。その他には、手術後の眼圧の上昇が原因で緑内障になる場合や、角膜拡張症といった症状があります。

 

更に衛生上の問題が原因で感染症の発症も考えられます。衛生上の問題は、医療側に問題があるのではなく、患者が手術前後に眼の衛生に気を使わなかった事が原因になることもあります。

 

しかしこれらの危険性は、眼の手術であればどのような手術においても考えられる事です。レーシックの危険性は、この手術方法が行われてからの歴史がまだ浅く、将来の50年後60年後という、将来の安全性が未知である事です。

 

この手術を行った患者が、まだ手術後20年や30年経っていない事が問題になっています。このことはレーシックによる視力回復手術は将来がどのようになるかわからない、ということにもなります。

 

レーシックの特徴でもある角膜を削るという事が、危険性を起こす事も考えられます。角膜を削りすぎて起こる遠視や、二重像を起こす事も考えられます。レーシック手術後に経過が診られないケースや、常時、ドライアイが慢性化する事も考えられます。

 

視力回復手術を考えておられる方は、レーシックの危険性も十分に理解しておく事も大切です。

レーシック視力回復後の感染症について

レーシックによる視力回復手術後に、まれにではありますが感染症に罹る方がおられます。これは、視力回復手術後は角膜に傷の付いた状態ですから、完全に回復するまでに雑菌などが繁殖して、感染症に罹るケースです。

 

手術後は保護めがねで防護し、点眼薬で化膿を止めますが、この点眼が不十分であることなどが理由で細菌が繁殖することです。レーシックによる手術の後は、しばらくの間眼に細菌が入らないように注意が必要です。

 

手術後に十分に気を付けていても、感染症に罹ったときは、眼球が白く濁る症状が現れます。このような症状が現れたときは速やかに医師の診察を受けます。

 

軽度の感染症であれば点眼薬で治療して、ほとんどの場合回復しますが、これが重傷になると、最も酷い場合は角膜の移植が必要になることもあります。

 

このようになると視力にも影響してきますので、手術後に指示された点眼薬は時間を守って差すようにして、眼に細菌が入らないように清潔に保ちましょう。シャンプーや石けんの泡が眼に入らないようにも気を付けましょう。手術後の日常生活ではこれらを守っていれば、感染症に罹ることはほとんどありません。

 

最もまれなケースですが、レーシックによる視力回復手術中に、機器が汚染されていて感染症に罹ることが考えられますが、医療機関では考えにくいことですので、まず心配はないでしょう。医療機関においては、手術の行われる部屋はクリーンルームと呼ばれ、細菌に対しての注意は細心に行われています。

 

感染症が考えられる原因の場所は、手術後の生活にありますので、前述した注意することがらに、十分に気を付けましょう。

レーシックの高い安全性について

レーシックに限らずどのような手術についても、絶対に安全と言うことはありません。これは、車の運転と同じように、安全性は高いですが事故も起きます。事故を起こさないためにさまざまな注意や気を配ります。医療機関においても、医療事故を起こさないように、これは絶対に起こしてはならないことですが、医療従事者は細心の注意を怠りません。

 

レーシックによる視力回復手術は安全性は高いと考えられていて、厚生労働省が認可すると言うことは、高い安全性が補償されていることになります。

 

レーシックでの視力回復手術を考えている方が、もしもという心配をすることは失明です。しかしレーシックによる視力回復手術は、失明になるような手術ではありませんので、この点については全く心配はないでしょう。

 

レーシックによる視力回復手術は、角膜の表面をエキシマレーザーと呼ばれる機器で、レーザーを照射して削り、光の屈折率を変える手術です。この機器の操作はコンピュータ制御されていて、大変に細かな手術が可能です。正確で、かつ安全性の高い手術ですから。ほとんど心配はいりません。

 

レーシックによる視力回復手術のアメリカでの実績は、200万件以上の手術回数に対して、失明や大きな医療事故の報告はされていません。エキシマレーザーの悪影響も全く無いことも実証されています。

 

レーシックによる手術は歴史が浅いので。50年先のことは例がないために実証できませんが、安全性に問題は考えられないという見解です。総合して考えるとレーシックによる視力回復手術は、最も安全性の高い手術であることが言えます。

レーシック後に角膜フラップがズレることはない?

イントラレーシックの施術を行った後、フラップ膜がずれてしまったり、剥がれてしまったりすることはないのか、実際にこういったことはあり得ないことなのか、場合によってはフラップがずれてしまったりすることがあります。

 

ただフラップが剥がれてしまうということはほとんどありません。なぜならフラップは、術後数ヶ月をかけて角膜の細胞が再生してきますのでしっかりと接着するようになっています。

 

また術後は1週間ほどでほぼ安定する状態になりますので、はがれてしまうということは可能性としては無いに等しいです。しかしフラップがずれてしまうという事は、これまでにも何度か起きています。

 

フラップがずれてしまう原因の一つ

 

フラップがずれてしまう原因の一つとして施術を行った当日に目を強くこすってしまうような事があったり、何かに目をぶつけてしまったりすると、ズレてしまうことがあります。

 

またこの他には、極端に角膜が乾いてしまうとフラップにシワが寄ってしまいますのでこの場合にもズレが生じてしまいます。一度しっかりとフラップが安定すれば日常生活の中で目に痒みがあり、こすってしまっても、フラップがずれてしまうということはありません。

 

ですからこのようなトラブルを防ぐためには術後の経過をしっかりと管理する必要があります。痒くても擦ってしまったりすることがないように自分で意識をしておかなければなりません。

 

またフラップが安定したあとに強い衝撃などが加わると、やはりずれてしまう事がありますが、この時にはかなり強い痛みが出ると思いますので、早急に診察を受けるようにしてください。

レーシックは点眼麻酔で痛みにも安心

レーシック手術には麻酔を用いますが、眼の手術の麻酔は目薬のような点眼薬を使います。眼の手術を行った経験のあるい方なら理解できるでしょうが、想像するほど痛みはほとんど無く、苦痛を感じることもなく行われます。

 

レーシック手術の場合は、赤い光を手術中にずっと見ているように指示されますので、これを見ているのですが、その他にも機器や触られている感じが伝わりますので、とても不安に思う方も多いようです。

 

レーシックの手術は、他の眼の手術のように、眼球に針を刺して手術は行いませんし、麻酔も注射で投与することもありませんので、心配することはありません。点眼される麻酔は1時間ほど効果があり、レーシックの手術は15分から20分程度ですから、手術中は十分に効いていますので問題はありません。

 

角膜を削るレーザーによる作業も、全く痛みはありませんので、とにかく手術中はリラックスすることです。手術の途中でフラップというものを作成するときに、一時的に見えなくなります。少しの間のことですが、不安に思われる方もいますが、この作業が終われば直ぐに回復しますので安心してください。

 

レーシックによる視力回復手術を終えた方に感想を聞けば、ほとんどの方は痛みもなくあっという間に手術が終わったと言うでしょう。このようにレーシックによる視力回復手術は、比較的簡単な白内障の手術よりも更に簡単に終わるものです。不安や心配することはありません。

レーシックで給付金や医療費控除の申告しましょう

レーシックによる視力回復手術の費用は、保険の適応外のために、高額な手術費用がかかります。しかし以前はもっと高額な金額で、レーシックが行われ始めた頃は、その費用はおよそ80万円とも言われていました。しかし最近は技術革新などにより15万円前後の費用で行えるようになりました。視力回復を考えている方には、それでも高額な費用になります。

 

レーシックによる視力回復手術の費用は保険の適応外です。この費用を負担してくれる給付金があることをご存知でしょうか。これは、一部の生命保険に加入し散る方が受けられる給付金です。

 

この給付金にはいろいろな条件があり、すべの生命保険で受けられるものではありません。この為に、自分の加入している生命保険を確認する必要があります。これは、その保険会社に問い合わせることでわかります。このことを問い合わせる場合には、レーシックと問い合わせるのではなく、レーシックの正式名称であるレーザー屈折矯正手術で問い合わせます。

 

これまではレーシックの手術に対して給付金の出る生命保険が多かったのですが、レーシックの手術を受ける時に保険に入り、その手術後に解約する方が増加したために、保険会社はさまざまな制限を給付に対して設け、給付金が支給されにくくなりました。

 

レーシックの手術の費用を給付金でなく、確定申告によって医療費控除でいくらかの返還を求める方法があります。この場合の返金は、会社員であればそれほど期待できるものではありません。

 

しかし、一年間の一家族の医療費の合計が10万円以上であれば、確定申告を行いましょう。かいしゃいんおかたでもかんたんにできます。記入の仕方がわからなければ、税務署で親切に教えてくれます。

 

この時に必要なものは、支払った医療費の領収書や、病院へ向かった時の交通費の領収書など、色々なものが控除の対象になりますので、税務署などに問い合わせてみましょう。

イントラ角膜リング

イントラ角膜リングとは

イントラ角膜リングは、円錐角膜の治療方法です。この治療方法は日本においては、品川近視クリニックが初めて行なった治療方法です。

 

円錐角膜とは、角膜が薄くなってしまい、角膜が円錐のように出てくる目の病気です。円錐角膜の進行スピードには、個人差があります。そのため、何年もの時間をかけて進んでいく場合もあれば、数ヶ月間で進んでしまうという場合もあるようです。

 

円錐角膜が進行してくるにしたがって、不正乱視となってしまいます。そのため、場合によっては、角膜を移植しなければいけない場合もあるといわれています。イントラ角膜リングは、このような円錐角膜の方に対して、角膜の中へリングを入れることで、乱視や近視を治療する方法なのです。

 

イントラ角膜リングの治療方法

イントラ角膜リングは、円錐角膜の原因によって、レーシックでは効果が期待できない方に適した手術といえるのです。その具体的な方法は、角膜内に半円のリングを挿入することで、角膜の形状を変えて近視・乱視を治療するというものです。

 

以前の角膜リングの挿入では、器具を用いて角膜を切開してリングを挿入していました。

 

しかし、現在の治療方法では、イントラレースレーザーを用いることによって、コンピュータ制御による角膜の切開が可能となっているので、より安全で正確な手術が行えるようになっています。そのため、円錐角膜治療は最新の技術であり、最も安全な方法だといえるようです。

 

イントラ角膜リングの特徴

イントラ角膜リングには、4つの特徴があります。

 

まずその1つは、角膜の強度を高めて、円錐角膜の進行を遅らせることができると言われていることです。

 

さらに2つ目は、近視、乱視共の治療が可能となっています。そして、基本的には、コンタクトレンズを使っても視力が改善しない人や、コンタクトレンズを使うことができない人が、コンタクトレンズを使うことを可能にする手術であるということです。

 

また3つ目は、万が一効果がない場合は、リングを取り出して元の状態に戻す事ができるということです。

 

最後4つ目は、レーシックでも同じことですが、回復の幅には個人差があるということです。しかしレーシックほどの矯正精度はないようです。